切らない脂肪吸引と豊胸で部分痩せしよう【美容外科で得るメリハリボディ】

クリニックで整えられるボディライン~痩身や豊胸も思いのまま~
いらない脂肪細胞をしっかり破壊できる!最新の痩身施術
切らずに胸が大きくなるヒアルロン酸注射【体の負担が少ない手術】

部分痩せなら切らない脂肪吸引

どれだけダイエットを行なっても、腰回りや太ももなどに気になるお肉が残ってしまうことがあります。こうしたお肉を効率的に落とすにはどうするべきでしょうか。

部分痩せができない理由

体内に蓄えられる脂肪には種類があり、それぞれの種類ごとに燃焼のしやすさは異なってきます。最も燃焼しやすい脂肪といえば、内臓脂肪です。内臓ではエネルギーの貯蔵と放出を常に行なっているので、すぐに燃焼させられます。 逆に燃焼させにくいのが、セルライトと呼ばれる固い脂肪です。皮膚の下に溜まるこの脂肪は、体が長期的に貯蔵するために作られるものなので、ダイエットをしてもなかなか燃焼させられないのです。

切らない脂肪吸引で部分痩せ

部分痩せは普通のダイエットでは実現が難しいですが、脂肪吸引をすることで叶えられます。特に効果的な方法が「切らない脂肪吸引」です。

切らない脂肪吸引ではどうして部分痩せができるのですか?
切らない脂肪吸引は、体外から特殊な超音波を照射する方法や、脂肪を溶かしてしまう注射を行なうことによって脂肪を取り除く方法です。切る脂肪吸引との違いは、脂肪細胞をその場で吸引しないということです。しかし、脂肪細胞を破壊し、2ヶ月から4ヶ月掛けて体外へと排出されるので、切る脂肪吸引同様の高い痩身効果が得られます。

切らない脂肪吸引の種類

切らない脂肪吸引は3つの方法で施術が行なわれます。脂肪を「温める」「凍らせる」「溶かす」方法の3つです。 温める方法は、皮膚の上から特殊な超音波を照射し、温めることで脂肪細胞を破壊します。凍らせる方法は、肌の表面を冷やして脂肪をシャーベット化させ、脂肪細胞を破壊するやり方です。溶かす方法では、超音波を照射することで脂肪層にキャビテーション(空洞)現象を発生させ、脂肪細胞を破壊するやり方です。溶かす方法なら、超音波を照射することで脂肪層にキャビテーション(空洞)現象を発生させるため、脂肪細胞を破壊することができますよ。脂肪吸引について詳しく知りたい場合は、下記サイトがわかりやすいのでおすすめです。

成功のカギは美容外科選び

切らない脂肪吸引をするなら施術を受ける美容外科選びがとても大切。良い美容外科の条件を紹介します。

カウンセリングが丁寧
よいクリニックかどうかは、カウンセリングでの対応の仕方で見極められます。治療法やアフターケアの説明を行なってくれるか、メリットだけでなくデメリットも説明してくれるか、といった点に着目しましょう。
アフターケアが充実
脂肪吸引は、手術を終えてすぐに理想通りの効果が得られるとは限りません。ダウンタイムが長引くなど、体質によって何らかのトラブルが現れることもあります。アフターケアの制度がしっかりしていれば、術後のトラブルの補償やケアをしっかりと行なってくれるでしょう。

名医の存在

医師と患者

切らない脂肪吸引は、医師の腕によって仕上がりが左右されます。名医と呼ばれるほど技術と知識、さらには実績のある医師であれば、仕上がりも自然で体に負担も掛けずに施術を受けられます。また、真の名医は患者さんに対して非常に親身になってくれる医師です。施術においてメリットだけでなく、リスクについてもしっかり話してくれる医師なら、施術においても丁寧に行なう名医だと判断できるでしょう。評判の高い美容外科や美容整形外科を探したいなら、下記ランキングサイトが便利です。

豊胸手術でメリハリボディを手に入れる~

ダイエットをする場合に注意したいのが、バストサイズがダウンしてしまうことです。バストが小さくなった場合、どのような対処をするべきでしょうか。

胸は太ももより早く痩せる

太ももなどについた脂肪は、繊維状に絡み合い燃焼がされにくい「セルライト化」した脂肪です。老廃物と結合して固くなった脂肪は、細い血管を圧迫して血液の循環を悪くさせるため、代謝が低くなることから燃焼をさせにくいのです。 しかし、胸の脂肪は太ももとは違い、セルライト化がしにくいため、ダイエットによって太ももより先に燃焼されてしまうのです。

豊胸手術でバストを取り戻す

バストアップの方法は、マッサージやサプリの利用など、メディアでも数多く紹介されています。しかし、小さくなったバストをすぐに元の大きさへと戻したい場合は、豊胸手術が一番です。 一般的にも知られているのが、シリコンバッグを胸に挿入する方法や、ヒアルロン酸などを胸に注入する方法です。 また、大阪にある美容外科で行なわれている、脂肪吸引後に脂肪を胸へ移植する「コンデンスリッチ豊胸」も多くの女性に注目されていますよ。人気の豊胸施術は下記サイトで確認してみてください。

豊胸をした人の声

豊胸手術によって自慢のバストを手に入れた人はたくさんいます。ここで、歓声を聞いてみましょう。

シリコンバッグを入れる方法で豊胸をしました。(30代/名古屋在住/ゆみさん)

一度の手術で確実に胸を大きくしたいと考えていたわたしは、シリコンバッグを胸に入れる方法を選びました。手術を行なう前、カウンセリングで先生とどのシリコンにするべきかしっかりと話し合いをしました。というのも、シリコンは体型から自然な仕上がりになるよう、サイズや形、シリコンの材質などを調整する必要があるかららしいです。よく話し合って決めたシリコンなので、仕上がりにも満足しています。

切開が怖かったので、ヒアルロン酸注入を選びました。(20代/大阪在住/まきさん)

わたしはメスを使った手術が怖かったので、安く気軽にできるヒアルロン酸注射での豊胸手術を選びました。手術はたったの15分程度で終わったので、もう終わったの?って感じですぐに帰ることができました。大きさだけでなく、左右のバランスや形もしっかり整えてくれたので、見た目もすっごく自然で大満足です。

豊胸のポイント

豊胸手術を終えたあとは、しばらく内出血や腫れが胸に現れます。ダウンタイムを終えるまで薄着になることは避けましょう。 また、一気にバストアップすると周囲に気づかれやすくなります。豊胸手術をする場合、見た目の変化が小さい1カップ程度で済ませるようにしましょう。

-->
TOPボタン